【AGAにも効果的!】医療育毛ってどんなものがあるの?毛髪再生医療って?


年齢に関わらず、髪の毛のボリューム不足、抜け毛の増加、髪のハリ・コシ不足といった、髪・頭皮に関する悩みを抱えている方は少なからずいらっしゃいます。
そのため、世の中には植毛や各種育毛剤、そして医療育毛など様々な方法で髪の毛を生やしたり、抜けにくくする方法が登場しています。
しかし、その方法が多いために「どんな育毛がいいのか」「本当に生えるのか」といった疑問を抱かれるのも事実だと思います。

そこでここでは、様々なお客さまの髪の毛のお悩みに寄り添ってきた赤池クリニックが、AGAにも対応した医療育毛である毛髪再生医療についてご紹介いたします。

どうして髪は薄くなるの?

まずは、薄毛、抜け毛の理由についてご説明いたします。
髪が薄くなる理由は様々です。代表的なもので言うとストレスがあげられますが、他にも睡眠不足や過度な飲酒、食生活の乱れといったライフスタイルによるものだったり、ホルモンバランスの乱れ、加齢、紫外線などが原因となる場合もあります。
加えて、毛髪に関わらず、毛には生えてから抜けるまでの毛周期と呼ばれるサイクルがあります。このサイクルが上記が原因になって乱れてしまうと、通常よりも早く毛が抜けてしまったり十分に成長せずに細い毛になってしまい、薄毛につながってしまうのです。

そして、薄毛の症状も同じく様々であり、円形脱毛症で短期間に急激に薄くなってしまったり、AGAのように徐々に薄毛が進行するものもあります。
そのため、薄毛治療をする際には原因や症状に合わせて適切な治療を行う必要があると言えるでしょう。

AGAとは?

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、主に成人男性が発症する脱毛症です。
徐々に薄毛、抜け毛の症状が進む進行性の脱毛症であり、おでこの生え際や頭頂部のあたりから髪が薄くなっていくのが特徴です。遺伝やホルモンバランスなど原因はさまざまですが、年齢を重ねるほど発症する可能性が高いと言われています。
AGAはその症状の進行度合いに応じて9つのパターンが決められているのが特徴で、一度抜けてしまった毛髪は治療が困難であるため少しでも気になったら専門医への相談するなど早期対策が推奨されています。

医療育毛とは?育毛サロンとの違いは?

医療育毛とは、医師のいる医療機関でのみ行うことのできる治療方法です。
手術や投薬といった手段を用いて、医学的観点から効果が期待できる方法で毛髪の成長促進と発毛を目指します。
毛髪再生医療と呼ばれる施術であったり、育毛サロンのような非医療機関では使えない薬品・薬剤を処方できるのも医療育毛の特権です。

毛髪再生医療とは?

薄毛・脱毛は成長因子の不足で頭皮の細胞が老化していくことが原因です。細胞が老化すると髪のボリューム感も減少し、頭頂部や毛の分け目が薄くなってきます。
この老化した細胞に成長因子を何らかの方法で与えたり、健康な細胞を移植することによって、育毛を促進させる再生療法を毛髪再生医療と呼びます。
高い効果を期待できる反面高い技術力を要するため、医師のいる医療機関でしか施術できない医療育毛に分類されます。

赤池クリニックに導入済み!代表的な毛髪再生医療をご紹介!

ここでは赤池クリニックにも導入されている、代表的な毛髪再生医療についてご紹介いたします。

HARG療法

HARG療法は毛髪再生医療を代表する医療育毛であり、毛髪を再生させるのに重要な「成長因子タンパク(HARGカクテル)」を頭皮にダイレクトで届けることにより、育毛を促進させる療法です。再生医療は、近年では有名ですが、赤池クリニックでは10年以上前から既に毛髪再生医療を行っております。
HARGカクテルには毛髪再生に有効な各種ビタミンやタンパク質、アミノ酸成分などが配合されており、毛髪を包む毛包に直接補充、浸透させることにより毛包が再生し、発毛を促します。
また、髪の毛の素になる細胞を刺激する物質が多く含まれており、増毛効果にも期待ができるばかりか、抜け毛の防止にも期待でき、薄毛・抜け毛の悩みの根本的な解決につながる療法です。

ヘアフィラー

ヘアフィラーは近年注目されている毛髪再生医療の一つ、成長因子を配合した薬剤を注入するHARG療法に対し、毛髪再生を促す「機能性ペプチド」を注入する療法です。
ペプチドとは人体において重要なはたらきを行うアミノ酸の複合体のことで、ヘアフィラーでは毛髪再生を促進させる7種類の機能性ペプチドを頭皮に注入します。
毛髪の再生・成長、頭皮の循環改善、脱毛防止、再生促進といった効果が期待でき、HARG療法と同じく髪のボリュームが気になる方や抜け毛、細い毛が気になる方にオススメの療法です。

ちなみにこれら2つの療法はどちらが良いというわけではなく、施術後に育毛状態を維持するメンテナンスとして組み合わせて使われる場合もあります。

赤池クリニックではこの2つの医療育毛に加えて、プレハーグトリートメントと呼ばれる施術も行っています。ケアシスと呼ばれる機械によって一時的に細胞膜に小さな穴をあけ、発毛効果のある機能性ペプチドを浸透させることで健康的な髪へと導く療法です。
この浸透方法はエレクトロポーションと呼ばれ、高い導入力によって浸透が難しいとされている成分も使用できるため、高い効果が期待できるのが魅力です。

攻めと守り!赤池クリニックだけの医療育毛をご紹介!

前述した通り抜け毛、薄毛の原因は複雑であり、様々な要因が絡み合っているものです。そのため育毛治療も「これだけやれば大丈夫!」というものはないのが現状です。
しかし、様々な治療を組み合わせることで育毛効果を徐々に上げていくことはできるのです。

赤池クリニックでは医療機関であることを活かした毛髪再生医療で積極的に育毛効果を目指しつつも、育毛サロンで行うようなサロンケアも同時に提供しております。
サロンケアでは、ライフスタイルの改善であったり、塗り薬、サプリメント、育毛剤の処方など、医療育毛ほどの効果は期待できずとも自宅でできるケアも取り入れることで、より健康な毛髪を目指すことができるのです。

積極的に育毛を目指す医療育毛のような「攻めの治療」と、マイルドに育毛を目指すサロンケアのような「守りの治療」。赤池クリニックではこの2つの組み合わせ治療によってお客さまのお悩みに取り組みます。

まとめ

ここでは、育毛サロンでは利用できない医療育毛である、毛髪再生医療についてご紹介いたしました。
薄毛、抜け毛といった毛髪の悩みは今や老若男女問わず抱えているものであり、多くの人がその治療を必要としているのが現状です。そのため育毛医療の技術は日々進歩しており、その恩恵を最も受けられるのが毛髪再生医療と言って良いでしょう。
本気で育毛を考えるのであれば、医療育毛及び毛髪再生医療を利用することを強くオススメい

関連コラム

カテゴリー

ご予約はこちら